【 鎌倉殿の13人】大河初出演・新垣結衣演じる八重姫の生涯とゆかりの地紹介!頼朝・義時と三角関係?

エンタメ

ガッキー大河ドラマ初出演!
新垣結衣(あらがきゆい)さん演じる八重(八重姫)。平家方の武将・伊東祐親の娘でありながら流人であった源頼朝と恋に落ち最初の妻となった女性だ。

伊豆一の美女と評判だった八重ですが、その生涯については伝承の域を越えていないそうで、実在したのかもわかっていないそうだ。。
そんなあまり知られていない八重と八重ゆかりの地についてリサーチしてみました。

八重とは

八重は伊豆国伊東庄の豪族・伊東祐親の三女として生まれる。
父・伊東祐親は平家に従っている伊豆の豪族で頼朝の監視役を任されていた。

八重は伊豆一の美女と評判の姫だった。
八重は源氏の御曹司・頼朝に見初められ、祐親が大番役で京へ上っている間に逢瀬を重ね、いつしか頼朝の子を身籠り千鶴丸を産む。

「兵衛佐殿、忍びてこれを思し召しけるほどに、月日久しく積りて、若君一人出で来させ給ふ。佐殿、大きに喜び給ひ、御名をば千鶴御前とぞ呼ばれける」

出典:曽我物語

千鶴丸が3歳になったとき、伊東祐親が大番役(京都の警護を行う役目)を終えて京から戻ってくるが、八重が頼朝の子を産んだことを知ると激怒。

平家一門に知られるのを恐れて千鶴丸を柴漬(柴で包んで縛り、重りをつけて川などに沈める処刑方法)で轟ヶ淵に沈めてしまう。

さらに祐親は頼朝を討とうと討手を差し向けるが、頼朝の乳母・比企尼の娘婿・伊東祐清(祐親の次男)が危険を知らせて、頼朝は祐清の烏帽子親である北条時政のもとへ逃れて難を逃れる。

その後の八重

頼朝から引き離れてから2年後。
江間小四郎に無理矢理嫁がされた八重はいまだに頼朝のことが忘れられずにいた。
意を決した八重は侍女6名を連れて北条時政の館を訪ねていく。そると北条の門番から「頼朝は北条政子結婚した」と言われ門前払いされてしまう。

嘆き悲しみ絶望した八重は真珠ヶ淵(狩野川の支流、現在の古川)に身を投げてしまう。その際、付き従ってきた侍女6名も八重の後を追う。

八重ゆかりの地

 

タイトルとURLをコピーしました