George Michael(ジョージ・マイケル、元ワム!)「Symphonica」(シンフォニカ)~ジョージ・マイケル珠玉の名盤!同名ツアーのパリ公演の模様を録音!

ジャズなどの名曲をカバーしたジョージ・マイケルが1999年12月13日に発売し

たアルバム「Songs From The Last Century」(ソングス・フロム・ラスト・

センチュリー)。

伝説的プロデューサーのPhil Ramone(フィル・ラモーン)が参加したこのア

ルバムはジャズの名曲とジョージの深い歌声がマッチし、すばらしい作品に仕

上がったものの、商業的には全英チャート最高位2位と売上がまったく振るわな

かった。

ちなみにフィル・ラモーンはビリー・ジョエルやポール・サイモンのプロデュ

ーサーとして有名な人物だ。

今回紹介の「Symphonica」は、2014年3月17日発売、前述のプロデューサ

ー・フィル・ラモーンが亡くなる前に最後に手掛けたものにもなる。

「Symphonica」はジョージ・マイケルが2011年から2012年に行った同名ツア

ー中に録音されたものだ。

収録曲はジョージ自身のオリジナル曲のほかに彼が好きな他アーティストの

曲のカバーで構成されている(Songs From Last Centuryに収録されていた曲

も収録されている)。

2014年3月23日付の全英チャートでは自身7枚目の全英1位アルバムとなった。

収録曲(9、11、15はデラックス・エディションのみに収録)
1. Through
2. My Baby Just Cares Foe Me
3. A Different Corner
4. Praying For Time
5. Let Her Down Easy
6. The First Time Ever I Saw Your Face
7. Feeling Good
8. John and Elvis Are Dead
9. Roxanne 
10. One More Try
11. Going To A Town 
12. Cowboys and Angels
13. Idol
14. Brother Can You Spare a Dime
15. You Have Been Loved 
16. Wild Is the Wind

40人のオーケストラをバックに、自身の楽曲もカバー曲もソウルフルかつクラ

シカルにアレンジし、あの極上で深みのあるエンジェルボイスで丁寧に歌い上

げている。

同アルバム収録曲では、個人的にはジョージの曲である「Praying For

Time」、デヴィッド・ボウイもカバーした「Wild Is the Wind」、ルーファ

ス・ウェインライトの「Going To A Town」 がお気に入りだ。

まあしかし、当時のジョージはまだ50歳。

こういった落ち着いた作品を出すには早すぎるかな・・・という感想はあった。

もちろん素晴らしい歌声に大人な楽曲・・・聴いていて非常に心地いいのだが、や

はり年齢からしてもっと「FAST LOVE」のようなファンキーでセクシーな楽曲

や「Amazing」のようなPOPな曲を世に出して欲しかったかな。

このアルバムにはパリ公演の模様が録音されているが、パリオペラ座で公演を

行ったアーティスト(クラシック系以外)はジョージ・マイケルただ一人だ。

CDフォーマットは14曲収録の「スタンダード・エディション」と17曲収録の

「デラックス・エディション」があり、どちらも輸入盤のみとなっている。

店舗やネットでは「スタンダード・エディション」ばかりで「デラックス・エ

ディション」はレア盤と化しており1万円以上のプレミア価格となっている。

※私は先日ネットで偶然「デラックスエディション」が中古で3000円台という

 掘り出し物を発見して即買いしました(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする